ホーム>一日葬とは

一日葬とは

新しいスタイルの葬儀形式『一日葬』

通夜式は行わず火葬する当日ご親族や親しい方々へお集まりを頂き、葬儀告別式のみを行う形式を「一日葬」といいます。

近年の高齢化により、一日(1回)の参列で葬儀を終える事ができるという理由から増えつつある新しい葬儀スタイルとなります。

火葬式(直葬)ではゆっくりとお別れが出来ないという方に適しており、これからの主流の葬儀形式となりそうです。

※但し菩提寺(先祖を祭る寺院)のある方は寺院の承諾が必要です。

一日葬のメリット

  • 一日で行う為、料理代や飲物代・返礼品など費用負担が
    ある程度軽減されます。
  • 地方等から来られる高齢者の方が一日で終えられる。

一日葬の注意点

  • 式当日は火葬日(昼間)となる為、一般参列者を招きづらい。
  • 一日で行う為、参列者の事前確認が必要となってきます(料理・返礼品の数等)
  • 菩提寺のある方は、お寺様への確認・承諾が必要です。

【所要時間について】式事態は一般葬・家族葬と時間に変わりはありません(60分前後)

【寺院費用について】檀家(先祖の祀る寺)寺院の場合はあまり費用は変わらないと思いますが、あくまでもその寺院との要相談です。
            ご紹介寺院の場合は、一般葬・家族葬(2日間)と比べ一日葬(1日)となる為、若干割安となります。

一日葬の流れ (通夜式は行いません) 

病院等のお迎え 矢印 打ち合わせ 矢印 ご納棺 矢印 告別式 矢印 火葬場にて荼毘
Step1
病院等のお迎え
Step2
打ち合わせ
Step3
ご納棺
Step4
葬儀/告別式
Step5
火葬場にて荼毘

 

20131127131332.jpg