ホーム>葬儀豆知識

葬儀豆知識

【横浜市南部斎場での家族葬・実例】

横浜市南部斎場での家族葬・[実例]

以前に事前予約いただいていたお客様のお手伝いをしてきました。
病院のお迎え~葬儀施行までの詳細は以下の通りです。家族葬をお考えの方は参考にされて下さい。
                                   (20名程の家族葬)

【お客様のご要望】
①なるべく費用を抑えて家族葬で送りたい。
②住宅事情で安置が難しいので安置施設で預かって欲しい。
③季節のお花で飾って欲しい。

【ご要望に対して弊社が行った事】
1 ・火葬場隣接の横浜市南部斎場(金沢区)をご提案致しました。
 ・必要品をすべて含む横浜市営斎場葬プランをご提案致ました。
2 ・通夜日まで金沢区の安置施設(保冷室)にてお預かり致しました。
3 ・ご親戚からのご供花を祭壇へ組み込み、季節の花々にて一つの祭壇へとお飾りしました。

 

     [金沢区・安置施設]         [横浜市南部斎場 葬祭ホール 家族葬]

201773111117.JPG     2017731111539.JPG 

【お客様の感想】※弊社アンケートより

事前相談をしていたので、病院から式終了まで あたふたする事無くスムーズに行えました。
今回家族葬で大変良かったと思いました。ゆっくりと故人と過ごす事が出来ました。有難うございました。

【家族葬・総額費用】 総額 651,800円 (寺院費用は含みません)
[内訳]
・葬儀費用           486,000円  ・安置料(一部葬祭費含む)   25,920円
・南部斎場(式場)  (プランへ含む)      ・お料理代(20名分)        139,880円
・火葬/休憩室料       (プランへ含む)     ・香典返し品        ありません
・搬送料(2回分)   (プランへ含む)

 

【葬儀時の神棚・仏壇の対処方法】

葬儀時の神棚・仏壇の対処方法……

人が亡くなった時、神棚や仏壇へ半紙を張る習慣を聞いたことがあると思いますが、実際には
「どのようにしたら良いか…?」という声を良くお聞き致しますのでここで記載致します。
神道(神式)・仏教(宗旨宗派)によって考え方は異なって参ります。

神道の考え…人の「死」は穢れ(けがれ)と考えており、50日祭を終了するまでは神棚の前には
      必ず半紙を貼ります。その間は礼拝・御供え物等は一切行いません。
      (穢れとは、良くない事を意味します)

仏教の考え…亡くなった人は同じ仏様になられたという考えから、本尊を祀る仏壇へは半紙は
      貼りません。但し一部の宗派(真言宗・曹洞宗・臨済宗)は 閉じるという寺院もあり
      ますので、その場合は菩提寺へ確認をしましょう。
     

【葬儀・初七日/献杯挨拶文例】

葬儀・初七日 / 献杯挨拶文例

【 喪主による献杯ご挨拶 】
本日は亡き 〇〇 の為に色々とお気遣いをいただき誠に有難うございました。
お蔭さまで滞りなく葬儀を済ませる事ができ、故人もさぞ喜んでいることと思います。
ささやかではございますが、精進落としのお席(お膳)を用意しましたので
故人の思い出を偲びながら、お召し上がり頂ければと思います。
本日は有難うございました。

【 献杯のご挨拶 】
私は故人の 続柄 〇〇 の 〇〇 でございます。
葬儀に際しましては、皆様のお力添えを頂き誠に有難うございました。
お蔭をもちまして無事に葬儀を終える事ができました。
今後残されました遺族に対しましてもご指導・ご鞭撻を賜りますよう
お願い申し上げます。またお食事を召し上がりながら故人の思い出話など
語っていただければ供養になるかと存じます。
それでは杯(グラス)に手をしていただいて「献杯」のご唱和をお願い致します。
「献杯!」……有難うございました。

【 閉式に際して 】
本日は長時間にわたりご参列いただき誠に有難うございました。
生前のお話を色々とお伺いでき、家族にとってかけがえのない時間となりました。
遠方からお越しいただいてる方もおられますし、お忙しい方もいらっしゃると思います。
お疲れのところ、あまり遅くまでお引止めするのも申し訳ございませんので
このあたりでお開きにさせて頂きます。
本日は誠に有難うございました。

【葬儀・出棺のご挨拶文例(一般的な例)】

葬儀・ご出棺のご挨拶文例

【喪主のご挨拶】
①本日はお忙しい中、亡き〇〇の葬儀にご会葬いただきまして誠に有難うございました。
  このように大勢の方々にお見送りを頂き、さぞかし故人も喜んでいると思います。今後
  残されました私ども遺族に対しましても、故人同様ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い
  申し上げましてご挨拶に代えさせて頂きます。本日は誠にありがとうございました。

②本日はご多用の所、ご参列いただき誠にありがとうございました。
  今ここに生前から親交頂きました皆さま方にお見送りを頂き故人もさぞ喜んでいる事と思います。
  ここに生前のご厚情に対し厚くお礼申し上げます。これからは私達一同、故人の遺志を継ぎ
  一層頑張っていく所存でございます。今後共変わらぬお付合いの程お願い申し上げまして
  ご挨拶とさせて頂きます。本日は誠にありがとうございました。

【親族代表のご挨拶】
親族を代表致しまして、皆様に一言ご挨拶申し上げます。
本日はご多用にもかかわらず、ご会葬、お焼香を賜り誠に有難うございました。
お蔭をもちまして葬儀・告別式も済みまして、これより出棺の運びとなりました。
生前は一方ならぬご厚情にあずかり、またここにお見送りまでいただき、故人も
さぞ喜んでいる事と存じます。残されました私共にも今後共変わりなくご指導
ご厚誼を賜ります様お願い申し上げましてご挨拶とさせていただきます。
本日は、誠に有難うございました。

【喪主代行のご挨拶】
本日はお忙しい中、〇〇の葬儀告別式にご会葬お焼香を賜り有難うございました。
本来なら喪主の〇〇からご挨拶申し上げる所でございますが、ただいま悲しみの
あまり体調を崩し臥せておりますので、変わって故人の〇〇にあたります私がご挨拶
申し上げます。故人の生前中は一方ならぬご厚誼にあずかり深く感謝いたしております。
また今後、遺族に対しましても今まで以上のご支援を賜りますようお願い申し上げまして
ご挨拶とさせていただきます。本日は最後までお見送りありがとうございました。

【浄土真宗の葬儀】

浄土真宗の葬儀…

浄土真宗での葬儀へ対する考え方は「即身成仏」から成っております。即身成仏とは、肉身のまま仏様へ成ることを意味します。従いまして他宗の様に49日まで霊はさまよい旅をするという事は無いからです。

【葬儀で行わないこと】
①「死装束(白装束)」……旅へは出ないため行いません。和装・洋装姿で入棺します。
②「一善飯・枕団子」……死者を蘇らせたいと願う貴重品であったご飯や六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)            の六世界の象徴とする団子はお供えしません。
③「清め塩」……死は穢れ(けがれ)とは考えないため、使用しません。
④「守り刀」……霊は彷徨っていないため、必要ありません。
⑤「戒名」とは言わず「法名」と言う。
⑥「御霊前」は使用せず「御仏前」を使用します。
 

【49日とは...】

49日とは…

亡くなった人が次の世界に生まれ変わるまでの期間の事をいいます。
この間は魂が中空を漂っているという意味から中陰・中有と言われています。この事は古代インドからの風習で、死後49日まで7日ごとにお経をあげてもらい供養する。その最初が初七日です。この7日ごとに僧侶を招いて読経したり講中御詠歌を唱えて供養する風習も残っています。近年では初七日法要・49日法要以外は家族や近親者のみで手を合わせる事が多くなってきました。また49日は白木位牌から仏壇用塗位牌へと魂写しをしてお骨を墓地へ埋葬する事が一般的とされております。                                 
※講中とは……同一の信仰をもつ人々で組織する団体の事。
※ご詠歌とは…仏教の教えを5・7・5・7・7の和歌とし曲に乗せて唱えるもの。

【終活とは・・・】

終活とは…

終活とは直訳をすると終わりの活動という意味ですが、決して暗い話という事ではありません。考えたくはありませんが、どなたにも必ず死は訪れます。昨今テレビ等でもよく取り上げられていますが、死後の遺産相続トラブルや遺品整理問題など大変多く発生しております。トラブルにならない為にも元気で冷静な判断の出来る今、後回しにしないで準備しておく事により後に残された者へ迷惑を掛けず、そして後の人生を元気に過ごして行こう。つまり「終活」とは人生の終わりをより良くする為に事前に準備しておくという事です。

『家はお金が無いから大丈夫』『家の子供達は仲が良いから大丈夫』と思っていませんか?いざその時の状況になると問題が生じる事が非常に多くあります。
★遺産相続一千万円以下のトラブルが最も多く発生しております!
 なぜなら遺産を多く所有する方はお金で解決できるからです。

蓮美典礼では専門の終活カウンセラーがお客様の様々なお悩みをお聞きし、その悩みがどの分野に当てはまるか的確に捉え、次に何をすれば良いかをアドバイス致します。またご相談内容によっては各専門家のパートナーへおつなぎしております。もちろん無料ですのでお気軽にご相談下さい(365日・24h)

【 終活に関するご相談例 】
●自分の葬儀について決めておきたい!
●相続トラブルにならない様、遺言書を作成しておきたい!
●遺品整理について決めておきたい!
●承継者がいないので永代供養墓を準備したい!
●不動産や家を売却して老人施設へ入居したい! 
  などなど

終活に関するご相談窓口【0120-594-137】まで

老人ホーム紹介の「グッドウッドラン」ご案内

老人ホーム紹介のグッドウッドランとは…

関東を中心に老人ホームや高齢者施設を無料にて紹介してもらえる会社です。老人ホームをお探しの方はもちろん、介護のお悩み、生活設計のお悩み、相続問題など経験豊富なスタッフが親身かつ良心的に対応してもらえるお勧めの会社です。また入居相談以外にも幅広いネットワークで各専門分野(引越し・不動産・車・相続など)のパートナーへの橋渡しも行ってもらえます【ご相談・紹介料一切無料】

大きな特徴

★費用や種類などお客様のご要望へ応じて、全国の施設を無料にてご紹介致します!
★高齢者のお悩み~エンディングまで相談・サポート致します!
★各種ご相談は、各専門分野の専門家が責任を持って対応致します!

 

201669122346.JPG


パンフレットご希望の方やお問合せは、0120-594-137(24H)  までお気軽にどうぞ…。

【葬儀の種類について】

葬儀の種類について…

【 葬儀の形式 】

日本の葬儀形式には、仏教式・神式(神葬祭)・キリスト教式・その他(友人葬・自由葬等)があります。
古くから日本では仏教との関わりが深くあり、現在に至っても約9割の方が仏教式で葬儀を行っております。
各宗教の詳細につきましては下記をご参照下さい。

形 式 仏式葬 神式葬 キリスト葬
依頼先 寺 院 神 社 教 会
施行人 僧侶(住職) 神官・宮司 神父・牧師
式の形式 読 経 祝詞(のりと) 祈 り
捧げるもの お 香 玉 串 生 花
式の呼び方 通夜・告別式 通夜祭・葬場祭 前夜式・告別式


【 葬儀の規模 】

葬儀の規模やスタイルによって呼び名は異なります。

[社 葬]・・・・企業(会社)を主体とし企業経費で行う葬儀のこと。
[合同葬]・・・・企業や団体等と喪家との双方で費用負担をして行う葬儀のこと。
[一般葬]・・・・喪家(喪主)が主体となり、勤め先やご近所等へ告知をして行う葬儀のこと。
[家族葬]・・・・家族・ご親戚と友人知人等を中心とした参列者を限定した葬儀のこと。
[一日葬]・・・・通夜式は行わず、葬儀告別式の一日のみで行う葬儀のこと。
[直 葬]・・・・宗教儀礼(式)は一切行わず、最後の火葬だけを行う葬儀のこと。
[密 葬]・・・・後日にお別れ会(偲ぶ会)や本葬儀を行うことを前提として行う近親者による葬儀のこと。

蓮美典礼では、あらゆる葬儀へ対応しております。また式の大小を問わず、お客様のご要望やご予算へ
応じた対応も行っておりますので、24時間いつでもお気軽にご相談下さい。
経験豊富なベテランスタッフが安心のご提案を致します。

                               【0120-594-137】

 


 

【もしも亡くなった時に準備すること】

しも亡くなった時に準備すること…

ここでは、病院施設・老人施設・警察等でお亡くなりになり、葬儀打合せ時までに確認・準備しておきたい事を記載致します。是非参考にされて下さい。
 

★ご安置場所の確認 <ご自宅・安置施設・葬儀式場・寺院など>
・自宅ご安置の場合は、敷掛布団・枕を準備。シーツは病院等より遺体をお包みした吸水シーツをそのまま シーツとして使用します。戸建の場合は1階のご安置がベスト。
 急死など警察介入の場合、ご遺体の状態によりお棺へ収まってくることがあります
・マンションや団地等は、エレベーター奥の延長扉カギの確認、準備(夜間注意)
・安置施設の場合、安置専用施設と式場併設安置施設の二通りがあります。もし予定する式場に安置施設が ある場合、こちらを利用した方が搬送車の必要が無く便利です。安置料金は利用施設や地域により様々。                                     (1泊 3,000~15,000円)

★葬儀の形式・規模について <一般葬・家族葬・一日葬・直葬など>
・一般葬の場合=勤務先・学校やご近所等から参列者数を予測しましょう。
・家族葬(直葬)の場合=告知に注意が必要です。詳しくはこちら⇒

 

★宗教の確認 <仏式葬・神式葬・キリスト葬・無宗教葬など>
・宗旨・宗派など宗教がわからない場合は、親戚の年長者等へ確認しましょう。
・田舎墓地等どうしても寺院墓地かどうかわからず不安な場合は、選択方法の一つとして他寺院により俗名 で行っておくか無宗教葬で行っておけば後々問題になりません。(俗名とは=お名前のこと)
・ご希望により宗教者(寺院・神社・教会)のご紹介も行っております<その場だけのご依頼OK>

 

★写真の選定・準備 <スナップ写真・デジカメ写真・データなど>
・デジカメ写真など集合写真でOK。
・通常、遺影写真は胸から上部分で作成します。バック消しや多少の修正は可能です。
・引き伸ばしを行いますので、少しでも大きくはっきり写ったものを選びましょう。
・写真データでもOKです。推奨はしませんがプリクラでも可。

 

★ご印鑑お預かり <火埋葬許可申請の為>
・死亡診断書(死体検案書)や火葬申請書類へ届出人のご印鑑が必要。
・ご印鑑はシャチハタ以外の三文判が必要。