宗教ごとに見る、主な葬儀の種類

葬儀は宗教ごとに様々な決まりがあり、作法が異なります。
種類やマナーを知っておくと、出席する際に慌てずに済みます。
日本で最も多く行われているのが仏教式の葬儀です。

約9割の葬儀が仏教式で、宗派によって細かい特徴があります。
仏教式の場合は一般的にお通夜と葬儀、告別式があり最後に火葬を行います。
葬儀に参列した人は心身の穢れを取るため、お香を額にあてて香炉に落とします。
この作法はお焼香と呼ばれています。
お焼香の回数は宗派によって異なります。

数珠の使用や送料へのお布施、戒名も仏教式の特徴です。
一口に仏教式といっても様々な宗派があり、それぞれの宗派で儀礼や作法に細かい違いがあります。
神道式は日本古来の伝統的な葬儀です。
神道に基づき葬儀が行われ、故人が一家の氏神になるための儀式を行います。
神社は神様の聖域になるので、神道式が行われるのは自宅か式場になります。
お焼香はなく玉串を供えるのも神道式の特徴です。
お金を包む場合は、香典ではなく玉串料と呼ばれます。

キリスト教式は、主に教会で行われます。
キリスト教にはプロテスタントとカトリックという2つの大きな宗派があります。
それぞれの教義は内容が異なるため、式の内容も違う部分があります。
聖歌や賛美歌を歌って献花を行うのは共通しています。

神のもとに召されることを祝福するため、お悔やみを言うことはないです。
カトリック系では伝統的な式を行い、聖職者は神父または司祭と呼ばれます。
礼拝では聖歌が歌われ、原則的に教会で洗礼を受けた教徒だけが式を行うことができます。
故人の罪について神に許しを請い、永遠の命を授かるように祈ります。

プロテスタントの場合は、カトリックよりも簡素で比較的自由な式を行います。
聖職者は牧師と呼ばれ、礼拝で歌うのは賛美歌です。
神に感謝をして遺族を慰め、前夜式が行われます。

日本では宗教的な要素を含まない自由形式の葬儀もあります。
自由なスタイルで、故人の意志や家族の要望にそった式が行われます。”