ご霊前とご仏前の違いは?

葬儀は突然参列する必要性が生じる事なので、参列に際して求められる事を予め理解しておくのが円滑に物事を進める上で重要であり、特に大切なのはよく似ているものの各々によってしっかりと使い分ける必要がある物事です。

様々な物事がある中で特に多いのがご霊前とご仏前の違いは?であり、ご霊前は名称にもあるように命を全うした方の前に対して供える意味合いがあります。

そのような意味合いがある理由は仏教における考え方が大いに関係しており、仏教においては命を全うしてから四十九日が大切であるためです。

まだ霊である状況下で供えるが故にご霊前と呼ばれているのですが、一方のご仏前については命を全うした方が仏になった場合に使用する言葉です。

仏教においては四十九日が経過すると命を全うした方は仏になるため、四十九日が経過した段階でご霊前からご仏前に変化します。

そのためご霊前とご仏前の違いは?と考えた場合にはお供えをする時がとても重要であり、お供えをするのがまだ四十九日を過ぎていないタイミングであるのならご霊前となりますし、既に四十九日を経過しているタイミングである事例ではご仏前となります。
こうした使い分け方を理解した際に意識が向くのが49日目に四十九日法要が行われる事例に関してですが、四十九日法要においてはご仏前が用いられます。

四十九日法要はこの世を去ってから49日目に行われる事ですが、様々な理由によって49日が過ぎる前の土日など参列しやすいタイミングが選ばれる事も少なくありません。

他にも35日が過ぎた段階で忌明け法要が行われる事例もあるのですが、49日が経過していなかったり35日が過ぎた段階で忌明け法要が行われるとご霊前またはご仏前の使い分けが気になるものです。

そういった事例でご霊前とご仏前の違いは?と気になった時にはご仏前を使用すると良く、理由は法要を行った日にて仏になるためです。

仏教はとても多くの方々において身近ですが、多くの方々が身近だからこそ同じ仏教であってもそれぞれにより違いが存在します。

同じ仏教であっても多方面で違いがあるものの表書きに関しては多くで共通している様子から、四十九日が経過する前であればご霊前を使用し、四十九日が経過した後であればご仏前を使用すれば良いです。

共通している事例が多いものの意識すべきなのは霊の考えが無い事例であり、命を全うしたのと同時に仏になると考えられているからこそ、霊の考えが無い事例では四十九日法要やお通夜、葬儀で共通してご仏前を使用します。


関連記事

  1. 臨終とは

    臨終とは? 臨終を告げられた際の心構えとやるべき事

  2. 葬儀用語 会葬者とは

  3. 葬儀にまつわる花 枕花とは

  4. 葬儀にまつわる花 献花とは?

  5. 供花

    葬儀にまつわる花 供花とは

  6. 危篤

    危篤とは? 危篤の連絡を受けた時にするべき事は?