立礼と座礼の作法と違いとは?お焼香する際のマナーを知ろう

立礼と座礼の違い

お葬式や法事などで焼香をする際には、立礼と座礼の方法があります。立礼は椅子席のある葬儀会場で行われる方法で、焼香台の前まで歩き、遺族と僧侶に一礼した後、遺影の前に立ち合掌して一礼します。座礼は自宅や畳敷きのあるお寺などの場合に行われ、立礼と同じ手順で行いますが、立ち上がる際には少し座った状態から横に外れるように立ち上がります。

お焼香のマナー

焼香をする際には、以下のようなマナーに気をつけましょう。

焼香台に向かって、お辞儀をしてから進みます。
合掌してから、火をつけます。
香炉に火を入れる前に、その前で一度手を合わせ、三度深呼吸してから入れます。
香を立てる際には、手前に傾けずに直立させ、遺影に向かってお焼香します。
焼香が終わったら、焼香台に戻り、お辞儀をします。
これらのマナーに従って、お焼香を行いましょう。

まとめ

立礼と座礼の違いやお焼香のマナーを知っておくことは、葬儀や法事に参列する際には非常に重要なことです。マナーを守って、故人に敬意を表しましょう。


関連記事

  1. 葬儀用語 しきみとは?

  2. 分骨(ぶんこつ)の全て:その意義、手続き、そして必要な用具について

    分骨(ぶんこつ)の全て:その意義、手続き、そして必要な用具に…

  3. 葬儀用語: 檀那寺とは?

  4. 葬儀用語: 直会とは?

  5. 葬儀用語:逆さ水とは?

  6. 葬儀用語: 樒(しきみ)とは?