横浜市で葬儀を安くするコツ!

遺族としては一切金銭的な心配はせずに人生を全うした故人を送り出したいと考えるのは当然の事ですが、やはり現実問題として葬儀に要する費用について懸念材料になってしまうものです。

そこで、横浜市で葬儀を行いたいと考えているものの費用の面で懸念材料があるのなら、葬儀の費用を抑える事ができる方法を講じて可能な限り金銭的な負担を小さくし、葬儀を行うと良いでしょう。

まず安くさせられる方法として知っておくべき事は、葬祭費に関して補助や扶助が受けられる制度が存在するという事です。

国民保険に加入している方であるのなら亡くなった日から数えて2年以内に居住地の役所へ申告をすると、3万円から7万円の間で葬祭費を支給して頂けますし、社会保険に加入している方は給与の約1か月分の埋葬料を受け取れます。

具体的な手続きの方法や支給金額については各保険会社や各自治体により差異があるため、横浜市に対して気軽に相談したい内容を相談してみましょう。

また、生活保護を受給しており葬儀費用を捻出する事が極めて難しいという場合は葬祭扶助制度という制度により、一切自己負担をせずに葬儀を行う事も可能です。

制度を利用するためには前もって手続きを済ませる必要がありますが、気軽に電話相談が行え、要する事柄の全てをサポートして頂けるので安心です。

そして、昨今の高齢化と共に収入の低下が合わさっている現状を受け、葬儀の費用について特化している保険のサービスが充実してきています。

比較的新しい保険のサービスという事もあり、従来の様子では対象にならなかった事例でも対象になったり、かゆいところに手が届くサービスが提供されているのが魅力かつ特徴です。

さらに、葬儀と言えばお寺や神社からお坊さんや神主さんを呼び執り行って頂くのが通例ですが、費用について悩まれる方の場合、日頃からお世話になっているお寺や神社を依頼しない事例も稀有ではありません。

また近年では格安に寺院を手配して頂けるサービスも多くなり、全国一律で負担にならない費用で依頼する事も可能となってきています。


関連記事

  1. 横浜市で葬儀をするなら 知っておきたいこと