横浜市営斎場葬プランの紹介

横浜市営斎場葬プランは、横浜市民限定の条件において、税別450,000円の安心価格で提供されています。
市内の公営式場を利用したプランですから、とてもリーズナブルな価格が実現できているわけです。
搬送車両やご遺体安置対応は勿論のこと、式場料と火葬料に生花祭壇、そしてドライアイス代も含まれているのが特徴です。

安心価格でしかも充実のプランと、決まった金額で全てを任せられる点が魅力的です。
価格には葬儀に必要な全てのものが含まれていますから、追加費用などの心配は無用です。

具体的な内容としては、オリジナルの生花祭壇に高級布張棺と柄壷・白木位牌やドライアイス他、遺影写真と2回分の搬送車です。

搬送車は病院から自宅までと、自宅から式場などの代金となっています。
また、防水シーツと式場入口小看板に火葬料、式場使用料や休憩室料に線香ローソク・消耗品一式、後飾り壇一式も含みます。

安心価格の横浜市営斎場葬プランですから、当然ながら式進行に火葬場案内や役所死亡届け代行、アルバムつきの記録写真もカバーされます。
充実のプランに恥じない充実具合ですから、運営管理費もお世話スタッフも葬儀後の相談も、49日の花束に至るまで全部一式です。

祭壇については、季節のお花や故人様の好みを考慮して、打ち合わせやデザインが行われます。
ご供花を組み込む形で祭壇を変更することも可能ですから、相談の余地があります。
ただ、この場合は芳名版方式なることに注意が必要です。

葬祭給付金対象者は486,000円から50,000円引きの、税込436,000での提供です。
充実のプランで不足を感じる場合は、オプションで内容を充実させることもできます。

例えば、着せ替えから死化粧まで対応する湯灌一式の納棺儀式は、税別85,000円で利用可能となります。
遺影がハッキリ目立つ半切の電飾遺影は同じく税別15,000円、通夜のお料理は33,000円よりです。

他にも、式場大看板やご供花・盛篭に宗教者のご紹介、専用ケース入り記録写真CDと会葬御礼品に香典返し品などのオプションもあります。

横浜市営斎場葬プラン


関連記事

  1. 【横浜市の友引日火葬場について】

  2. 【オリジナル会葬礼状(挨拶状)とは】

  3. ワゴン型霊柩車のご紹介

  4. 【一日葬儀(ワンデーセレモニー)とは】

  5. 【生活保護葬儀(葬祭埋葬費)について】

  6. 家族葬で注意したいポイントと葬儀の流れ