お布施の目安 相場

お布施は葬儀や法事のときにお坊さんに渡すお金です。もともとは仏様に対してお供えするものですから、定まった額はありません。

しかしお寺の苦しい経済状況がメディアに取り上げられることもある昨今、相場を参考にして包むのが大人のマナーです。

お布施を包むシチュエーションは葬儀と法要があります。葬儀はお経をあげ、戒名をつけてもらうため法要よりも高額になります。

お通夜と告別式がある一般的な葬儀の場合には20万円から100万円ほどが相場です。告別式だけの場合には安くなり15万円から30万円になります。どちらも行わずに火葬を行う場合は5万円から15万円くらいが目安だといわれています。

戒名の位が高くなるとお布施も上がるのが一般的です。位は戒名の最後につくもので、男性は信士や居士、女性は信女や大姉が標準です。

より上の位になると信士や信女の前に院がつきます。これは仏に対する信仰が深いことを示すものですから、お布施の額も高くなるのが当然です。院信士や院信女の場合には100万円以上を払う家も少なくありません。

初7日から四十九日まで7日ごとに行う法要では3万円から5万円、納骨式では1万円から5万円を包むのが相場です。

新盆は3万円から5万円が目安ですが、2年目以降のお盆やお彼岸は数千円から1万円でいいでしょう。1周忌は人が多く来ることが多いので3万円から5万円、三回忌以降は1万円から5万円が目安です。


関連記事

  1. お葬儀養護 お布施とは?

  2. お布施の包み方

  3. お布施とは?