葬儀用語:年賀欠礼とは?

生前に親しい間柄にあった方が亡くなった場合には、葬儀を終えた後もしばらくの間喪に服す期間が続くため、喪中の期間中にはお祝い事などを控えるべく、新年を迎えた時のお祝いも行わないのが慣わしになっています。

そのように、喪中の期間であるが故に新年を迎える際に複数の相手方に対し、年始の挨拶の年賀状を出す事ができないという実情を前もって伝える術が年賀欠礼です。

そのような年賀欠礼とは喪中はがきと呼ばれる事例も多いのですが、年賀欠礼を出す時には適切な時期を思慮して出す事が大切です。

年賀欠礼とは、例年であれば年始に年賀状のやり取りをしている方々に対し、今年は年賀状を出す事ができない上に受け取る事もできないという事をお知らせすべく出すものなので、年賀状に関する作業を開始する11月下旬から12月初旬までに相手方に届くようにしましょう。

以前は年賀欠礼とは個々が手書きでハガキに記して送っていた事例が多かったものの、今日では年賀状と共に年賀欠礼を手がける業者の数も増加傾向にあるため業者に依頼するのも良い方法です。

業者に依頼すると簡単なお話をするのみで完成度が高い年賀欠礼を手がけてもらえるため、突然大切な方を失ってしまった事に加えて慣れない葬儀を行うなど、負担が大きな状況下における負担を減らす事にも繋げられます。

尚且つ、業者に依頼すると年賀状の準備をし始める方が増える時期までに届くようにしてくれるのはもちろん、夏から受付を始める業者も少なくないので余裕を持って準備に着手できるようになります。

さらに、葬儀業者などと契約をしている企業も多い様子から葬儀または四十九日法要を行う時に年賀欠礼に関する申し込みを完了させておけば、最適なタイミングで登録した住所に送ってもらえます。

そして、年賀欠礼とは社会の様相により捉えられ方が変化しているのも特徴的であり、今日のように社会が高齢化している点から高齢になり年賀状を出す事が負担になったり、施設に入る事になって年賀状のやり取りができなくなる事が理由で年賀欠礼を出す事も増えています。


関連記事

  1. 葬儀用語:手水の儀とは?

  2. 葬儀用語: 箸渡しとは?

  3. 葬儀用語 袱紗(ふくさ)とは?

  4. 葬儀用語 逆さ事の意味(逆さ事とは)

  5. 葬儀用語 家墓とは

  6. 回し焼香とは?