葬儀用語: 団体葬とは?

葬儀のスタイルは遺族の意向や出席者の人数によって変わります。
団体葬は、会社が主催して行われる葬儀です。

故人が会社や団体に対して多大な功績を残した場合は、団体葬が行われる可能性が高くなります。
団体葬は一般的に大規模な葬儀になるのが特徴です。

予想していたよりも参列者が多くなることがあるので会場の選択や返礼品の準備、食事や飲み物の手配にも配慮が必要になります。
団体葬には立場の違う人が多数出席するので、臨機応変な判断力とサポート力が求められます。

故人が会社の経営者や創業者である場合は、特に重要なイベントになります。
故人が死亡した直後に遺族中心の密葬を行い、2週間から4週間後に団体葬や社葬を行うケースが多いです。
団体葬や社葬には、3つの意味合いがあります。

ひとつは、故人がお世話になったことへの感謝です。
故人がお世話になった人や取引先に対して、会社がお礼をします。
故人の追悼が2つめで、個人の会社への貢献を感謝する意味合いがあります。

3つめは新しい関係の構築です。
故人が亡くなってしまった後でも、引き続き会社をお願いしたいという参列者へのメッセージになります。
団体葬は一般的な葬儀と異なり、式への参列者が多くなるため費用が高額になる傾向があります。”


関連記事

  1. お葬式の知識 手水(ちょうず)とは

  2. 涅槃(ねはん)とは?

  3. 臨終での役割と心得②

  4. 死亡診断書の書き方と手続き

  5. 祥月命日とは?

  6. 葬儀用語: 位牌とは?