電脳墓:現代のお墓の形とその利点

電脳墓の概念

電脳墓とはモニター画面で参拝ができるお墓のことです。通常のお墓は、直接地面に墓石を設置して、その中に骨壷を納骨していますが、電脳墓では骨壷を倉庫に格納しています。

永代供養の方法

倉庫の引き出しの中に亡くなった方の骨壷を収容することで、格安で永代供養が可能になっているのです。参拝の際には電脳墓に亡くなった方別に発行される専用のカードを差し込んでモニターに表示させることで行います。

費用と利点

永代供養のための費用はおよそ20万円から30万円程度で、通常のお墓と違って雑草除去などの手入れを行う必要はないので、管理する家族が少ない方に有効です。他にも、墓地が限られている都心部や、お墓を設置する費用を持っていない方にも利用できます。宗派を問わず受け入れている電脳墓もあるので、誰でも気軽に利用することが可能です。

思い出と参拝の形

電脳墓には亡くなった方の戒名や没年月日だけでなく、生前の映像や写真などがデータとして格納されているため、いつでも亡くなった方を思い出しながら参拝をすることが出来ます。電脳墓によってはインターネットを経由しての参拝が可能なものもあるため、足腰が悪くて直接お墓まで行くことが出来ない方や、遠方に在住している方でも安心です。

まとめ

電脳墓は現代のお墓の形で、モニター画面で参拝ができる利点があります。費用が比較的安く、手入れが不要であるため、家族が少ない方や都心部に住む方に適しています。宗派を問わず受け入れている電脳墓もあり、多くの人が気軽に利用できます。さらに、亡くなった方の戒名や没年月日だけでなく、生前の映像や写真もデータとして格納されており、いつでも思い出とともに参拝できます。インターネットを経由して参拝ができる電脳墓もあり、身体の不自由な方や遠方に住む方にも安心できる選択肢となっています。


関連記事

  1. 末期の水:仏教の死を看取る儀式

    末期の水:仏教の死を看取る儀式

  2. 葬儀用語: 湯灌(ゆかん)とは?

  3. 葬儀用語:経帷子(きょうかたびら)とは?

  4. 葬儀用語 霊璽(れいじ))とは

  5. 湯灌

    葬儀用語: 湯灌とは?

  6. お葬式の知識 直葬とは