一日葬のメリット デメリット

葬式のやり方は時代とともに変化しており、現代では一日葬といって通夜を行わずに葬儀・告別式から火葬までの流れを1日で済ませることもあります。従来の葬式のやり方ではなく一日葬を検討するとき、どのようなメリット・デメリットがあるのかを知っておくほうが良いでしょう。

メリットについてみていくと、遺族および参列者の負担を軽減することです。葬式は、遺族は大切な家族が亡くなった状態で執り行わなければいけません。そうなるとあわただしく通夜をしたあと、その翌日も葬儀・告別式をやるというのは精神的な負担が相当にかかります。一日葬を選択すれば、通夜で参列者の対応をしなくても済むので精神的に・そして経済的にも負担が少なくなります。

そして参列者にとっての負担の軽減とはどういうことかと言うと、日帰りが可能になることです。2日にわたって通夜そして葬儀・告別式を執り行うときには、遠方に住んでいる親戚や故人の友人は宿泊場所を確保しなければいけません。そうなると宿泊費が必要になりますし、予定を調整する必要がでてきます。家族がそろって参列するときなどは、その負担がより重くなるので大変です。そこで一日葬にすれば、日帰りにできますから参列者にとってはとても助かります。

ならば、デメリットはどのようなことがあるのかというと、参列できる人が限られてしまいます。一日葬は日中に執り行うのが一般的なので、日程が平日だと参列できない人も多く出てきます。通夜があれば会社や学校が終わってからでも故人とのお別れをすることができたはずなので、遺族が決めたこととはいえ参列できなかった人たちから不満がでてくることを覚悟しなければいけません。

他にトラブルになることとして、菩提寺から拒否されることがあります。一日葬は昔ながらの葬式のやり方ではないので、宗教的な規律を重んじる菩提寺は認めてくない場合もあるからです。菩提寺と揉めてしまうとその後の納骨はもちろんのこと、先祖の法要などにも影響がでてくるかもしれないのでよく話し合って了承を得なければ一日葬を執り行うことは難しいでしょう。


関連記事

  1. お葬式の知識 一日葬の流れ