横浜で直葬なら蓮美典礼へ!

直葬

横浜の総合葬祭蓮美典礼が提供する直葬シンプルプランは、名前のようにシンプルに故人とのお別れをできるのが特徴です。

別名火葬式とも呼ばれているお葬式ですから、どのような内容かイメージするのは難しくないでしょう。

一般的には従来のお通夜や告別式のあるお葬式に対して、この2日間にわたる宗教儀礼を省略したものが直葬となります。

つまり実質的に火葬のみで済ませることから、非常にシンプルで費用が抑えられます。
お葬式の基本的な流れとしてはお迎えに始まり搬送が行われ、その後打ち合わせを経た後に納棺、火葬へと至ります。

ご遺体の安置場所には自宅と安置室での預かりがあって、自宅だと敷掛布団や枕の準備が必要です。

ただしシーツは必要ありませんから、必要最低限の準備で済むことになります。
一方、安置室での預かりでは特に準備は必要なく、そのまま搬送してお参りをしたら保冷室での預かりに入ります。

総合葬祭蓮美典礼の直葬シンプルプランの基本料金は136,000円税別で、12,000円の火葬料や14,000円からの搬送車両費用などが掛かります。

火葬料は横浜市民だと非課税、搬送車両費用は2回目より搬送が必要な場合に、距離や時間によって金額が変動します。

他にもドライアイス10kgあたり8,000円の費用が発生しますが、これは2回目より必要に応じて掛かる追加分の料金です。

基本料金には搬送車20km分とドライアイス10kgに、各種の納棺用品とスタッフ1名が含まれます。
棺は桐八分棺、骨壷は白壺でグレードアップが可能となっており、2日間指定安置室が使えるようになっています。

このように、総合葬祭蓮美典礼の直葬シンプルプランは料金が手頃にも関わらず、必要なものが一式セットになっているのが魅力です。

希望があれば10名以上の会葬や食事に使える休憩室、お別れ用の切り花と花束のセット、処置や着せ替え、顔剃りに整髪や死に化粧などの有料納棺が利用できます。

香炉や線香立て、リンに写真立てなどがセットになっている後飾りセットもあります。

それから挨拶状や返礼品、火葬休憩中のお弁当やお膳といった食事の手配も可能です。
火葬場でのお別れは10分以内なので、ゆっくりとお別れをするのは難しいですが、しかし忙しくて時間が取れない人には無理がないといえます。

従来のお葬式だと数日間は必要ですから、直葬シンプルプランは負担がかなり軽くなります。
拾骨が終了次第散開となるので、お別れに招く人を時間的に拘束せずに済むのもメリットです。
ただ、別途費用は掛かるもののゆっくりとお別れの時間を設けることもできるので、予算に余裕があればゆっくりとしたお別れも選べます。

直葬シンプルプラン

直葬シンプルプラン

 


関連記事

  1. 横浜で直葬直葬(火葬式)なら蓮美典礼にご相談下さい