葬儀用語: 枕飾りとは?

枕飾り

故人の枕元に飾る祭壇のことを枕飾りといいます。

仮祭壇と呼ばれることもあるのですが、枕飾りとは何を意味するのか、あまり良く分からない人も多いのではないでしょうか。

無宗教のお葬式や直葬、通夜やお葬式、告別式などをせずに火葬のみを行う火葬式などを除くと、葬儀の際には大半の場合祭壇が設けられることになります。

これは、仏式や神式などに関係なく同じです。祭壇は、お通夜の前に設置されるもので、お通夜を執り行うホール内に葬儀社のスタッフさんが設置して花を飾ってくれます。

祭壇の大きさは、喪主側家族などの希望により決まるわけですが、多くの弔問客が見込まれるようなお葬式では大き目の祭壇、小規模のお葬式では小さな祭壇を作るのが一般的です。

これに対して、枕飾りとは一般的な祭壇とは違って故人の枕元に飾られるもの、本祭壇の大きさと比べると小さいサイズになっているのが特徴です。

なお、枕飾りとはどのような意味があるのか、これも知識として得ておくことをおすすめします。枕飾りを行い僧侶にお経を読んで貰う、これにより故人が生前持っていた様々な欲というものが浄化されて供養になるわけです。

ちなみに、亡くなったときには直ぐに棺に納めるわけでなく、一度蒲団に寝かせられる形になりこのとき枕飾りが飾られるのが一般的です。


関連記事

  1. 末期の水

    末期の水(まつごのみず)

  2. 葬儀用語:棺掛け(かんかけ)とは?

  3. 葬儀用語: 33回忌とは?

  4. 葬儀用語: 湯灌(ゆかん)とは?

  5. 樒

    葬儀で使われる 樒(しきみ)とは

  6. 読教とは?