分骨(ぶんこつ)の全て:その意義、手続き、そして必要な用具について

分骨(ぶんこつ)の全て:その意義、手続き、そして必要な用具について

はじめに

分骨は、遺骨を複数の場所に分けて納めるという行為で、遠くの先祖の墓に頻繁に訪れるのが難しい場合や、故人を身近に感じたいという願いを実現するための一つの手段です。しかし、分骨を行う際にはその手続きや必要な用具を理解することが重要です。本文では、分骨の意義、手続きの方法、必要な用具について詳しく解説します。

分骨とその意義

分骨は、一人の遺骨を複数の場所に分けて納めるという行為を指します。遠方に先祖代々の墓がある場合、日常的にお墓参りが困難になることもあるでしょう。

分骨の利点

このような状況で、先祖の墓以外にも自身が容易に通うことができる場所にも遺骨を納めることは、亡くなった人々を身近に感じるための一つの方法となります。また、遺骨の一部を納骨し、残りの一部を「手元供養」の形で保持することも可能です。分骨は、故人の遺物が欲しいと思う方にも特に適しています。

分骨の手続きについて

分骨の準備

分骨を行う場合の手続きは、分骨を行うタイミングによって異なります。分骨を予定している場合、火葬の前に火葬場や葬儀社にその旨を通知し、分骨後に火葬場から分骨証明書を受け取るのが一般的です。もし納骨後に分骨を行う場合は、墓地の管理者に分骨証明書の発行を依頼します。

ただし、分骨後に墓地への埋葬を行わないのであれば、証明書の発行は不要です。証明書は主に埋葬を行う場合に必要な書類となります。

分骨に必要な用具

分骨を行う際には、骨壺が必要となります。

骨壺の準備

遺骨を納める場所の数に応じて、同じ数だけ骨壺を用意する必要があります。一般的な骨壺よりも小さめの、分骨用の骨壺が市販されています。これらをあらかじめ用意しておくことが推奨されます。

まとめ

分骨は、一人の遺骨を複数の場所に納める行為で、遠方の先祖の墓だけでなく、日常的に訪れることができる近場の墓地にも遺骨を納めることができます。また、遺骨の一部を「手元供養」の形で保持することも可能で、これは故人の遺物を欲する方に特に適しています。

分骨を行う際の手続きは、分骨のタイミングにより異なります。納骨前に分骨を予定している場合は、火葬場や葬儀社に通知し、分骨後に分骨証明書を発行してもらいます。納骨後に分骨を行う場合は、墓地の管理者に分骨証明書の発行を依頼します。ただし、分骨後に埋葬をしない場合は証明書の発行は不要です。

そして、分骨を行うには、骨壺が必要となります。分骨先の数だけ骨壺を用意し、小さめの分骨用骨壺が市販されていますので、それらを用意することが推奨されます。


関連記事

  1. 箸渡し(はしわたし)

  2. 葬儀用語 : 舎利(しゃり)とは

  3. 葬儀用語  仏飯(ぶっぱん)とは?

  4. 葬儀用語:神棚封じ(かみだなふうじ)とは?

  5. 葬儀用語: 灯明とは?

  6. 葬儀用語:逆さ水とは?