【北枕にする理由】(きたまくら)

【仏式からの考え】

亡くなった人を北枕に寝かせる意味は、仏教でいうお釈迦様の入滅(死去)の際、北を頭、西向き (頭北面西)に死去したことから由来していると言われています。この事から北を枕にして寝ることは死者を意味すると考えられるようになりました。

【神式からの考え】

神道(神式)での考えは、参拝する神社へ祀られている神様は東または南の方向を向いています。
従って私達が参拝する際は北や西の方角を向いて参拝する事となります。神道では北・西が上座となり、そして西よりも北が最上位という考え方から、北の方角へ頭を向けるということからきています。

※キリスト教や無宗教の場合には、特に向きへこだわる事無くご安置して問題ありません。


関連記事

  1. 【葬儀・出棺のご挨拶文例(一般的な例)】

  2. 【葬儀受付やり方・対応マニュアル】

  3. 【葬儀・初七日/献杯挨拶文例】

  4. 【葬儀時の神棚・仏壇の対処方法】

  5. 【香典返しにお茶を返す意味】

  6. ご霊前とご仏前の違いは?