【香典返しにお茶を返す意味】

香典返しにお茶を返す意味とは…

葬儀へ参列をして香典返し品として「お茶」をいただく事が多いと思うのですが、このお茶をお返しする事には意味があるのです。勿論持ち帰っていただくのに軽くて金額的にも丁度良いという部分がありますが、本来の意味とは元々仏教とお茶は関係が深く、中国から戻った修行僧たちが万病の薬として持ち帰ったのがお茶でした。そしてその僧侶たちが毎日仏壇に健康を守ってくれる感謝の気持ちとしてお茶をお供えしていた事が日本の上流階級から一般庶民にまで広まっていったのが習わしで、そこから仏事にはお茶という習慣が定着したのです。

一昔前までは、『葬儀でいただくお茶はまずい』と多くの方に言われてきましたが、近年では良質商品を扱う葬祭業社が増えてきた様に思います。そんな中弊社では、お茶に関しては生産工場より直接仕入れておりますので安心してお飲みいただけます。また昨今では、有名店洋菓子やブランド商品など多彩にお選びいただける時代となってきました。

蓮美典礼では数量に関係なく1個よりご対応しております(直葬・家族葬・一日葬~一般葬~大型葬まで)


関連記事

  1. 【お焼香作法について】

  2. 【葬儀・初七日/献杯挨拶文例】

  3. 【死亡後の口座凍結について】

  4. 棺の中に六文銭を入れるのはなぜ?

  5. 【葬儀・出棺のご挨拶文例(一般的な例)】

  6. 【北枕にする理由】(きたまくら)