【葬儀時の神棚・仏壇の対処方法】

葬儀時の神棚・仏壇の対処方法……

人が亡くなった時、神棚や仏壇へ半紙を張る習慣を聞いたことがあると思いますが、実際には
「どのようにしたら良いか…?」という声を良くお聞き致しますのでここで記載致します。
神道(神式)・仏教(宗旨宗派)によって考え方は異なって参ります。

神道の考え…人の「死」は※穢れ(けがれ)と考えており、50日祭を終了するまでは神棚の前には
必ず半紙を貼ります。その間は礼拝・御供え物等は一切行いません。
(※穢れとは、良くない事を意味します)

仏教の考え…亡くなった人は同じ仏様になられたという考えから、本尊を祀る仏壇へは半紙は
貼りません。但し一部の宗派(真言宗・曹洞宗・臨済宗)は 閉じるという寺院もあり
ますので、その場合は菩提寺へ確認をしましょう。


関連記事

  1. 棺の中に六文銭を入れるのはなぜ?

  2. 【北枕にする理由】(きたまくら)

  3. 【香典返しにお茶を返す意味】

  4. 通夜、葬儀の服装

  5. 友引でもお葬式はできる

  6. 【葬儀・出棺のご挨拶文例(一般的な例)】