横浜金沢区で一般葬をするなら

愛する人が突如としてこの世を去ってしまった場合、遺された遺族達は深い悲しみを覚えますが、粛々と行わなければならない葬儀をサポートしているのが横浜金沢区にある蓮美典礼です。

横浜金沢区にある蓮美典礼では、日本が古くから死者に対し弔いの気持ちを込めて行ってきたお花を手向けるという行為を大切にしており、弔いの気持ちを最大に捧げられる生花葬をおすすめしております。

一般葬において弔いの気持ちを込めて捧げられる際に用いられるお花は横浜金沢区にある蓮美典礼が非常に拘っている点であり、故人が生前に望んでいたお花もしくは遺族が希望するお花の要望をしっかりと汲み取り、熟練した技術と知識を有している花の職人が一本ずつ気持ちを込めて懇切丁寧に仕上げていきます。

精通した知識と技術により柔軟に対応する事が可能なので、故人が好んでいたお花や季節を映し出すお花などピンポイント的な様子はもちろん、大まかな様子であっても希望をお伝えすると上質に仕上げていきます。

そのような生花を使用した生花祭壇は白木祭壇に比較すると費用が大きなものになるのは事実ですが、横浜金沢区の蓮美典礼では故人を送り出す際に費用面で妥協するという事態を避けるべく、生花祭壇であっても選定しやすい料金設定が行われています。

そのため、横浜金沢区の蓮美典礼では遺族からの要望があった場合を除き白木祭壇が選定されて式が行われる事はなく、生花祭壇を基本としております。

また、デザインや装飾も葬儀社側が行っているため負担が無いですし、使用したお花についても良質な種類を使用しているが故に、葬儀が終了した後も花持ちが良いとして高評判です。

そして、横浜金沢区においては一般的な事例と比較すると圧倒的に金銭的な負担が小さいのですが、一般葬の場合では3つのプランが用意されているため、尚一層細やかに決める事ができ最も小さな予算では30万円のプランから選ぶ事ができ、昨今増加傾向にある少人数の式に最適です。