直葬と一般葬の違い

直葬はお通夜や告別式を省略した葬儀で、文字通りすぐに火葬を執り行うのが特徴です。
別名火葬式とも呼ばれるほどですから、省けるだけ省いてシンプルな形にした葬儀だといえるでしょう。
必要な準備や手続きが最小限で済むので、遺族の体力や金銭的な負担が小さくなるのがメリットです。
精神的にも負担が軽減されますから、遺族が高齢で従来の一般葬が難しい場合に適しています。

ただし、直葬は十分に浸透したり定着しているとはいえず、理解を得にくいという欠点があります。
世間一般的には一般葬の方が主流ですから、違いが分からない人にとっての直葬は、まだまだ程遠いものだと思われます。
対する一般葬はお通夜も告別式も含む、昔からある葬儀のスタイルで、多くの人が葬儀と聞いて思い浮かべるのはこの一般葬でしょう。

家族や身内を集め、会社の関係者や友人知人、ご近所さんも呼んで執り行う葬儀ですから規模が大きく、大きな会場を手配したり食事も用意する手間があります。
一般的な認識として、一般葬は100万円以上の費用が掛かると考えられており、地域や規模によっては200万円を超えます。

そこで規模を縮小した一日葬や家族葬が登場した結果、従来の葬儀を指す一般葬という言葉が誕生したわけです。
直葬は可能な限りシンプルでコンパクトを追求した葬儀の形で、近年この葬儀を選ぶ人が増えている傾向です。
少子高齢化による葬儀のあり方の変化によって、直葬のニーズが高まったものと考えられます。

費用面に着目すると、直葬は一般葬と比べて半額以下で、100万円を切るケースも珍しくないです。
確かに手厚いお別れの儀式はありませんが、その分費用の負担を減らし、後々時間を掛けて故人と向き合うことができます。

ただ、人々に囲まれてお別れをする一般葬と比べると、直葬にドライな印象があるのは否めないところです。
結局のところ葬儀は本人の希望が重要ですが、家計の都合もありますから、希望や予算を考慮しながら選ぶことになるでしょう。

直葬シンプルプラン


関連記事

  1. 直葬 メリット デメリット

  2. 一般葬

    横浜で一般葬なら蓮美典礼へ!

  3. 直葬とは?

  4. 一般葬 オリジナル生花葬『空』プラン

  5. 一般葬 オリジナル生花葬『月』プラン

  6. 直葬とはどんな葬儀?