直葬にかかる費用相場

葬儀費用

通夜や告別式を省略して、納棺後にすぐ火葬場に直行する直葬は、別名火葬式とも呼ばれ注目を集めています。
直葬のメリットは手間や時間を大幅に減らせること、そしてコストを抑えて経済的な負担を小さくできる点にあります。

この直葬の費用相場は20万円前後が1つの目安で、葬儀社に支払う費用と火葬場の利用料を含みます。
費用相場は地域や時期によって異なるので、多少上下することはあるでしょうが、それでもおおよそ20万円が相場となるでしょう。
ちなみに20万円というのは最小限の直葬を執り行う場合の金額なので、オプションをつけると簡単に上がっていきます。

また、標準的な仕様から内訳のグレードを下げることで、逆に費用を抑えることも可能です。
どこまで下げられるかはケースバイケースですが、最安レベルであれば10万円超となります。

具体的には12万円前後で、これ以上コストを抑えて費用を減らすのは難しいです。
その為、10万円台前半が最低ラインになるといえるでしょう。

いずれにしても、直葬は様々な葬儀の種類の中でも特に費用が安く、この安さが特徴やメリットになっています。

通夜を含まないので故人とのお別れに時間をかけられませんが、お別れをしてから気持ちに整理をつけることができます。
直葬の費用の内訳ですが棺に5万円前後、寝台車の利用や枕飾り、ドライアイスにそれぞれ1万円といったところです。

他にも人件費や遺体安置保管料などが発生しますから、最安レベルだと本当に個々のグレードが低いです。

しかし、所要日数を要する他の葬儀方法だと目に見えて費用が嵩むので、直葬は経済的に余裕がない人にとって頼りになるのも事実です。
近年は従来の一般的な葬儀を重視しない人が増えている傾向で、葬儀もお墓もシンプルな方が良いという人も少なくないです。

つまり、シンプル志向で葬儀を選択したい層にとっても、直葬は狙い目だといえますし、手頃な費用相場もあって選びやすいと思われます。

蓮美典礼の直葬プランはこちら

直葬シンプルプラン


関連記事

  1. 直葬と一般葬の違い

    直葬と一般葬の違い

  2. 直j層

    直葬にかかる費用相場

  3. 直葬 メリット デメリット

  4. 葬儀の知識 直葬のマナー

  5. 直葬と一般葬の違い

  6. 直葬

    直葬 メリット デメリット