直葬とは?

直葬とはお通夜、あるいは告別式といった儀式を執り行わない葬儀のスタイルで、多くの場合は近親者や友人が参加を行い、火葬で簡単に済ませるのが特徴です。
この為、準備の手間を大幅に軽減したり、費用を節約できるといったメリットが発生します。

火葬のみで済ませることから、約20万円ほどで葬儀を終えることができます。
また参列者の時間を大幅に削減可能なので、忙しい人でも無理なく参加できるメリットがあります。

反対に、じっくりとお別れをしたい人にとっては、十分な時間がないと感じたり、それがデメリットになり得るでしょう。

更に、直葬は家族や親しい友人の間だけで執り行うことから、招待しない人の反発を受ける恐れが懸念されます。

何故呼ばなかったのかと反感を招いてしまえば、後々遺恨が残るリスクに変わります。
他にも、招待されない人が次々に弔問に訪れ、結局は対応に追われて時間節約のメリットが薄れることになります。

デメリットは少なからずありますが、しかし近年は経済や宗教観に人間関係の多様化により、都市部を中心に直葬が増加している傾向です。

直葬とはつまり、端的にいえばお通夜や告別式を省略して、親しい者だけで火葬を執り行う葬儀のことです。
火葬場に直行することから直葬と呼ばれ、炉前でお経を上げたり祈祷してお別れをします。
直葬の誕生には諸説ありますが、1990年代後半から徐々に増加を見せ、現在では関東圏でかなりの割合となっています。

お通夜と告別式を伴う従来の葬儀は、場所の確保や参列者の対応、そしてコストの問題がつきまといます。

時間の確保も必要になりますし、仕事は他の人に任せる必要があるので、勤務先で調整することも不可欠です。

家族で対応するのが難しい場合は、親戚の手を借りることにもなりますから、何かと心理的な負担が膨らみます。

その点、直葬は場所や費用に時間の確保もハードルが低く、短時間で済ませられるので、忙しい都市部で人気があるのも頷けます。

蓮美典礼の直葬プランはこちら

直葬(火葬式)プラン


関連記事

  1. 葬儀の知識 直葬のマナー