直葬 メリット デメリット

直葬

人は誰しも生まれたからには最期の時がやってきます。これは貧富の差などなく、誰にも平等にやってくるものです。当然親や兄弟もいずれは別れの日がやってきます。

人生を共に歩くことを決意したパートナーの夫や妻とも必ず別れの日がやってくるわけです。そのため自分や愛する人の最期の瞬間を避けて通ることはできず必ず検討し、直面しなければいけません。

一般的にはまず両親の最期の時を想定し、墓や葬儀のことを家族で話し合っておくことは非常に大事です。また子供たちに経済的にも物理的にも迷惑をかけたくなければ、あらかじめ自分で葬儀費用や墓の購入をしておく必要もあるでしょう。

特に最近では様々な価値観や考え方が尊重される時代になっています。そのため葬儀や墓に対する考え方も千差万別です。自分の納得のいく葬儀を行うには、定年など一定の年齢を超えたときに必ず検討しなければいけません。

特に近年は葬儀の仕方も多様化しているのです。昔の日本では一般葬といわれる葬儀のスタイルが定着していました。費用は100万円前後が相場であり、多くの親族、友人に同僚などを招き弔うスタイルです。100万円もかけるので、祭壇や棺、お花に霊柩車など非常に豪華なものでした。

しかし最近では一般曹にこだわらず、経済状況や価値観で葬儀スタイルを決定する人が多くなっています。なかでも直葬が注目されるようになっています。かつて直葬は、身元不明や天涯孤独の方がと弔われる方法でした。しかし現代では経済的事情や、人に迷惑をかけたくなくひっそりと弔ってほしいと考える人も多くなっているのです。直葬のメリットはそのコストが非常に安いことです。

25万円から30蔓延前後もあれば十分弔ってもらえます。会場を借りお別れの会や食事会、度胸やお焼香を知人を招いて行わないことからこのように安い費用で執り行うことが可能です。デメリットといえることは、非常にシンプルであり、病院や自宅からすぐに火葬場に直行するのでじっくりと個人に向き合いお別れや度胸が出来ないという点です。

蓮美典礼の直葬プランはこちら

直葬シンプルプラン


関連記事

  1. 直葬 メリット デメリット

  2. 直j層

    直葬にかかる費用相場

  3. 直葬とはどんな葬儀?

  4. 直葬と一般葬の違い

    直葬と一般葬の違い

  5. 直葬と一般葬の違い

  6. 葬儀の知識 直葬のマナー