葬儀に妊婦は参列して良い?

生前お世話になった方が人生を全うした際にはしっかりと葬儀に参列し最後のお別れをしたいと考えるのは至極当然の事ですが、お腹の中に新たなる命が宿っている妊婦さんは、参列に際して思慮してしまうものです。

葬儀に関して思慮してしまう妊婦さんであっても参列する事には一切問題が無いのですが、意識すべきなのは妊婦さんの体調についてです。

葬儀が行われる時間はそう長くないものの、妊婦さんにとっては長く感じられたり負担に感じられる事があります。中でも悪阻が顕著に表れている段階に差し掛かっているのであれば、速やかにトイレに向かう事ができないという点も考慮して参列を決すべきです。

また人間の感情は健康面に大きく影響をもたらし、葬儀に参列し悲しい気持ちが強くなると腹部の張りに変化が生じる事もあるため、妊婦さんが葬儀に参列する際には十分に健康面を思慮し無理をしない事が大切です。

葬儀に加えて火葬場まで行く場合には尚一層時間が長くなる上に立ち続ける時間が長くなるので、さらに体調について気を配るようにしましょう。

そして、妊婦さんが火葬場に訪れる際に行っておくべき事は腹部に鏡を当て、反射する方を外側に向けて腹帯で固定し赤ちゃんが連れて行かれないようにするという事です。


関連記事

  1. お葬儀用語 野辺の送り

  2. 葬儀基礎知識:神棚封じとは?

  3. 死亡診断書の書き方と手続き

  4. 喪中の食事

  5. お葬儀用語 枕団子の意味とは?

  6. お葬式の知識 直葬とは