一休庵久保山式場(横浜市西区)にて一日葬なら蓮美典礼

日本においては、古くから命を全うした方に対しお花を手向けるという事が大事にされてきた歴史があるため、蓮美典礼でもお花に対して拘りを持っています。

そのため、御遺族の方はもとより故人の方が生前に好んでいたお花がある場合には、好んでいたお花を用いて一本ずつ心を込めて仕上げていきます。

そのようなお花に拘りを持っている蓮美典礼は一休庵久保山式場にて一日葬も行っており、時代共に変化するお葬式の向き合い方に対して柔軟に対応できます。

もちろん一日葬でも蓮美典礼が拘り抜いたお花を利用した生花祭壇を選ぶ事ができるのですが、生花祭壇を利用する方が抱きやすい費用についても御遺族の方に寄り添った費用が提示されていて安心です。

しかも、生花祭壇は他の祭壇の比較すると対応できる場所が多いという特性があるため一日葬を自宅で行ったり、身近な親族のみで行う家族葬で利用したい時にも難なく対応可能です。

そして、蓮美典礼では御遺族などから要望があった場合を除き白木祭壇は用いずに全て生花を使用してデザインが施されますし、使用する生花は非常に良質なので花持ちに優れていて葬儀を終えた後も綺麗に咲いているとして人気があります。

さらに、蓮美典礼では3つのプランで一日葬を行っており最も負担が小さな空というプランでは税別で30万円から行えます。

続いて45万円の星というプランや60万円の月というプランが展開されているため、予算に応じて最良のプランが選べるのですが、各プランではお棺や骨壷を必要に応じてグレードアップする事ができる特徴から、プラン自体は最も負担が小さいタイプにしつつお棺や骨壷をグレードアップさせるといった柔軟な決め方もできます。

そして、一日葬に参列される方が一休庵久保山式場まで訪れるための移動手段として27名が乗車可能なマイクロバスが4万5千円で手配できたり、一休庵久保山式場に設ける式場看板が2万円で手配する事が可能です。

〔民営施設〕 一休庵 久保山式場(火葬場隣接式場)


関連記事

  1. 【一日葬儀(ワンデーセレモニー)とは】

  2. 老人ホーム紹介の「グッドウッドラン」ご案内

  3. 【遺品整理サービス】

  4. 横浜で一日葬なら蓮美典礼へ

  5. 蓮美典礼は理想のお葬式をプロデュース致します。

  6. 家族葬で注意したいポイントと葬儀の流れ