葬儀用語 無宗教葬儀とは?

無宗教葬儀とは、宗教にこだわらずに自由な形で行う葬儀のことです。

一般的に日本では仏教のしきたりに準じて葬儀を行うことが多く、僧侶にお経をあげてもらうことが多いのですが、無宗教葬儀の場合には宗教色を排除して行うことが多いため、亡くなった人を身近な人や親しい人たちで送る会となることが多くなっています。

無宗教葬儀の特徴は僧侶を呼ぶ必要がないため、お布施等の必要がないと言うことから比較的低価格で行うことができるのも近年では人気となっているポイントです。

そのため最近では無宗教葬儀を希望する人も増えており、親しい人や家族だけでしめやかに亡くなった人を送ると言うことも多く行われています。

また仏教の場合にはよく行われる焼香も無宗教葬儀では行わず、その代わりに献花をすることが一般的です。

また、無宗教葬儀であっても、服装やその他のマナーは一般の葬儀と同じであり、男性の場合には黒のスーツに黒のネクタイの外、靴下やベルトなども黒で統一することがマナーとなっている事は言うまでもありません。

女性の場合でも葬儀の場にふさわしい服装をすることが求められるので、単純に宗教色がない葬儀と言うことができます。無宗教葬儀とは言っても自由な葬儀ではないので、その特徴を理解して行うことが重要です。


関連記事

  1. 葬儀用語:49日とは?

  2. 葬儀用語:年賀欠礼とは?

  3. 精霊棚(盆棚)とは?

  4. 葬儀用語 継承墓とは?

  5. 葬儀用語 開眼供養

  6. 葬儀用語 逆さ事の意味(逆さ事とは)