家族葬と一般葬の違い

家族葬と一般葬の違い

これまでの長い年月にわたって行われ続けていて歴史が古いのが一般葬であり、夕方に通夜を行い翌日に告別式を行う流れです。
遺族と親戚はもちろんですが、友人知人や生前に近隣で生活をしていた方々や勤務先で親交があった方々など少しでも交流があれば呼びかける上に、参列をしてもらうのが特徴的です。

家族葬は遺族もしくは親戚のみといったとても小さな規模で葬儀を行う事例を指し、生前に取り分けて親しくしていた場合には知人などが参列する事もあるものの、身内のみで行うのが基本です。

葬儀を行う際の流れについては一般葬とそう大きな差異は無いですが、身内のみが集まって小さな規模で進めていく特性も関係し、通夜はしないで告別式や火葬のみという事例が稀有ではありません。

そのように通夜が無くて告別式や火葬のみという特徴から1日で全てが終えられるが故に、今日では参加しやすくて負担も小さな家族葬が選ばれやすくなっています。
このように各々では基本的な流れについては共通している点もありますが、通夜が存在していないという大きな差異点も存在しているので、葬儀を行う時には広い視野を持って違いに目を向けて考える事が大切です。

一般葬は社会的な意味合いが強い特徴から同時に風習やしきたりに関しても重きが置かれるため、葬儀を行う時には簡易的な祭壇ではなくしっかりとした祭壇を選ぶ事が大事になる事もあります。

家族葬は行う場所の広さがそう広くないので自然に祭壇の規模が小さくなるのに加え、身内など突出して親しい人達のみで進めていく特徴も相まって祭壇の規模の大きさに拘る必要が無く、簡略化かつ負担を軽減させやすいです。

そのように参列する方の人数が異なるからこそ従来の方式で葬儀を行った時には50名を超える事例が珍しくないのに対し、家族葬では30名を超えないのはもとより親族のみで行った時には10名を超えない事もあります。

それぞれの違いと共に遺族の年齢や故人の意向などを思慮すれば、用意されている選択肢の中からより良い選択が可能になります。

家族葬プラン


関連記事

  1. 家族葬

    家族葬とは?

  2. これでわかる 家族葬 参列マナー

  3. 家族葬とは?一般の葬儀との違い、メリットやデメリットについて…

  4. 家族葬のメリット デメリット

  5. お葬式の知識 家族葬の流れ

  6. 家族葬の会葬礼状について