葬儀用語:枕飯とは?

枕飯とは、枕飾りのひとつです。亡くなった方が愛用していた茶碗にご飯を高く盛りつけ、箸を立てたものを指します。

枕飯を飾る意味には諸説あり、地域や宗派などによって様々な捉え方がありますが、この世への未練を断つための最後の食事、四十九日の旅をする際のお弁当代わりといった意味合いで飾られます。

また、昔は故人のために用意した臨時のかまどでお米を1合炊いて枕飯としていました。

不幸を取りこぼさないようにという理由から炊いたご飯を全て盛り付けるのが基本で、現代では普段使っている炊飯器で1合分のお米を炊くのが一般的です。

なお、家族で食べるために炊いたご飯を使用しても問題ありませんが、その際は故人に配慮して最初によそうようにしましょう。

ご飯を盛る際は、故人がこの世への未練を残さないように、可能な限り高く盛り付けるのがポイントです。

箸を立てるのも盛られたご飯が少しでも高く見えるようにという意味が込められていますが、箸の立て方は地域や宗派によって異なります。

1対の箸を1本に見えるように立てるケースもあれば、1本のみを立てるケースもありますし、1本を垂直に立ててもう一本を横に挿して十字にするケースもあるので、葬儀社などに確認しておくと良いでしょう。

また、お供えする期間は火葬する直前までで、毎日炊き立てのご飯をお供えするのが基本ですが、こちらに関しても地域などによって異なるケースがあるので注意が必要です。


関連記事

  1. 葬儀用語 逆さ事の意味(逆さ事とは)

  2. 葬儀用語:半通夜

  3. 箸渡し(はしわたし)

  4. 施餓鬼(せがき)

  5. 六文銭

    六文銭(ろくもんせん)とは

  6. 神棚封じ(かみだなふうじ)とは