神棚封じ(かみだなふうじ):家族を失った際の儀式とその意義

神棚封じについて

家族を失った際、自宅の神棚を封じることを「神棚封じ」と呼びます。これは、家族を失ったきっかけを神棚に近づけないようにする目的で行われます。神棚封じを行う際には、白い半紙を使い、忌中の間は参拝やお供えを行わないことが大切です。

神棚封じは1年間続け、1年経過し忌明けになれば解除が可能です。しかし、お正月と忌中が重なった場合、新年をお祝いすることや神棚への拝礼、神社参拝も控える必要があります。

神棚封じを行う際には、神棚の前で挨拶をし、亡くなった家族の名前を報告します。その後、お供え物を下げ、扉を閉じ、正面に白い半紙を貼り付けます。神棚封じを他人に依頼することも可能で、葬儀業者が自宅に来た際に依頼することも一つの方法です。

まとめ

神棚封じは、家族を失った際に行われる儀式で、神棚に近づけないようにする目的があります。白い半紙を使用し、忌中の間は参拝やお供えを行わないことが大切です。神棚封じは1年間続けられ、忌明けになれば解除が可能です。お正月と忌中が重なった場合、新年のお祝いや神社参拝も控える必要があります。神棚封じは他人に依頼することもできます。


関連記事

  1. 施餓鬼(せがき)

  2. 葬儀用語 継承墓とは?

  3. お葬式の知識 家族葬とは

  4. お葬式の知識 エンバーミングとは?

  5. 葬儀用語 袱紗(ふくさ)とは?

  6. 家族葬のマナー

    回し焼香とは?