お葬式の知識 家族葬とは

家族葬とは、家族や親族、ごく親しい友人や知人などが参列し、小規模で行われる葬儀の形式のことを指しています。近年では豪華な葬儀ではなく、家族葬を選ぶ人が非常に増加傾向にあります。

なぜ近年家族葬が注目を集めているのかというと、現代の価値観に合っていることがあげられるでしょう。近年では故人が高齢となり、周りに付き合いのある友人が少ないケースも増えてきています。

そのためたとえ豪華な葬儀を行ったとしても、参列人数が減少傾向にあります。従来の豪華なお葬式と比べた場合には、大きく費用を抑えることができることもメリットの一つです。

そして家族葬ならではのメリットとして、故人と落ち着いてお別れをすることができる点が挙げられます。一般的な葬儀となると、多くの参列者が来るので、常に気を配り対応する必要があります。

それと比較した場合には、家族葬は気心の知れた人たちだけで行うことになるので、遺族の気持ちの負担を軽減することができます。家族で最後のお別れの時間をゆっくりとることができるので、思い出話をしたりしながら、最後の別れに向き合うことができるのです。

また料理や返礼品などの自由度が高いことも一つのメリットと言えるでしょう。大勢の人を招く一般的な葬儀となると、料理や返礼品などは葬儀社に一任してしまうのが一般的です。しかし家族葬の場合には、おもてなしをする人数も少なくなるので、行きつけの店での食事を選んだり、返礼品を用意しないという選択もできます。

反対にデメリットとしてあげられることは、トラブルに発展しやすいことが挙げられます。親しい間柄の人だけで行うことになりますが、実はこの基準が非常にあいまいです。場合によってはなぜ呼んでくれなかったのかと不満を漏らす人が出たりと、のちにトラブルに発展する可能性も考えられます。

このようなことを防ぐためにも、故人の知人に対しては、葬儀を行う前に家族葬を行う旨の連絡をしておくことが大切です。事前に連絡しておくことによって事情を理解してもらえれば、トラブルには発展しにくくなります。


関連記事

  1. 精進料理・精進落としのマナー

  2. 葬儀用語 お剃刀(おかみそり)

  3. 葬儀用語: 位牌とは?

  4. 葬儀基礎知識: 釘打ちとは?

  5. お葬式の知識 直葬とは

  6. 葬儀用語: 灯明とは?