立礼と座礼(りつれいとざれい)

お葬式や法事などで焼香をする際には、その場面に応じて様々な方法があることを知っておくと、その場の雰囲気を壊さず無作法なことにもならないため、非常に重要なこととなります。

一般的に告別式等が行われる椅子席のある葬儀会場では、立礼による焼香を行うことになりますが、この場合には焼香台の前まで歩いて行き、遺族と僧侶に一礼した後、遺影の前にしっかりと立ち合掌して一礼します。

その後1歩焼香台に歩み寄り、お焼香を行って、合掌した後再び1族に一礼をして終わるのが一般的です。

これに対して座礼は自宅や畳敷きのあるお寺などの場合に行われる方法で、基本的な作法は立礼の場合と同じですが、立ち上がる際にはまっすぐではなく、少し座った状態から横に外れるように立ち上がるのがポイントです。

また移動をする際には腰をかがめて低い姿勢で行うことや、お焼香をする際には正座の状態で行うのが基本となっています。

特に立ち上がってお焼香をする際には、その前で正座をし親指だけを立てた状態で両腕を体の量がよりもう少し前に起き、膝を前に出して移動する「膝行」と言う方法が用いられます。

立礼と同じように立ち上がってしまうのはマナー違反となるので、この店には十分に注意をしたいものです。


関連記事

  1. 葬儀用語 開眼供養

  2. 葬儀用語: 玉串し

  3. 葬儀用語: 年忌法要とは?

  4. 葬儀用語: 新盆とは?

  5. 葬儀用語:先負(せんぶ)の意味とは?

  6. 上座下座(かみざしもざ)とは