お通夜の意味

一昔前までの通夜は、遺体を布団へ寝かせたまま遺族や近親者がローソクや線香を絶やさずに守っていました。これは夜間、邪霊から守ると共に、昔は野生動物も多かったので線香等を焚き、遺体が襲われるのを防ぐ為であったと言われています。最近では、通夜を迎える前に棺へ納棺しドライアイス処置を行う為、その必要はなくなりました。


関連記事

  1. 【末期の水(死に水)とは…】(まつごのみず)

  2. 【お彼岸とは…】(おひがん)

  3. 【出棺時の釘打ち】

  4. 【終活とは・・・】

  5. 【精進料理とは…】(しょうじんりょうり)

  6. 【49日とは…】