【御霊前と御仏前の違い】

御霊前と御仏前の違い…

仏教徒の場合、人は亡くなると霊魂となり49日間の長い旅を終えて『仏様』へなると言われております。
この事から、亡くなってから49日までの間を御霊前、49日以降の法要・法事などには御仏前を使用致します。但し浄土真宗では※即身成仏の考えからすべてにおいて「御仏前」を使用致します。
※即身成仏とは、亡くなった人=仏様 という意味からなります。

【正式な御香典袋について/ 以下参考】
・仏式葬…… 「御霊前」 ※浄土真宗では「御仏前」
・神式葬…… 「御玉串料」又は「御霊前」
・キリスト葬…「御花料」「お花料」又は「ご霊前」

★葬儀(葬式)の場合、おおまか「御霊前」で大丈夫です。


関連記事

  1. 【末期の水(死に水)とは…】(まつごのみず)

  2. 【枕団子の意味】(まくらだんご)

  3. 【喪主と施主の違い】

  4. 【お彼岸とは…】(おひがん)

  5. 【葬儀の種類について】

  6. 【浄土真宗の葬儀】