【喪主と施主の違い】

喪主と施主の違い

【喪主とは】……葬儀の主になる方、つまり亡くなられた故人から見て一番近しい方の事をいいます。
例をあげますと、故人が夫の場合⇒配偶者(妻)、故人が子の場合⇒親御様(父)など。
但し喪主がご高齢の場合、喪主を子が務める場合もあります。

【施主とは】
葬儀全体の費用面に関して主導権を握る方の事をいいます。
もちろん喪主と施主を兼務される場合もあります。
また配偶者(喪主)がご高齢の場合、配偶者が喪主、子が施主を務める場合もあります。

《参考例》………社葬(大型葬)の場合には、喪主がご遺族、施主が会社等となります。


関連記事

  1. 【お彼岸とは…】(おひがん)

  2. 【枕経とは…】(まくらきょう)

  3. 【葬式(葬儀)とは…】

  4. 【御霊前と御仏前の違い】

  5. 【ご納棺儀式とは】

  6. 【葬儀の種類について】