家族葬とは?

家族葬家族葬とは故人とのお別れの時間をゆっくり過ごしたくても、葬儀に訪れた方々への挨拶などで忙しくなるのが辛いと感じる時に最適なのが、親族や関係の深い友人だけで行う葬儀です。参列者への対応も最小限に減らせるために、故人とのお別れの時間を落ち着いて過ごせるために、現在の日本国内では多くの方々が家族葬を選択しています。精神的な疲れを軽減できるだけでなく、親しい方々だけを招いて葬儀を開けるために会話も弾み、家族が亡くなった悲しみを軽減できるのも好評な点です。

金銭的な負担を減らせるのも家族葬が注目されている理由の一つで、葬儀を手伝ってもらう方々へのお礼や料理の手配なども含めて、負担を減らせるために金銭的に余裕が無い時にも最適だと言われています。参列者の人数が増えると用意する必要のある通夜ぶるまいの数も増えてしまい、料理の手配にかかる料金だけでも高額になりかねません。自分が亡くなった後に金銭的な負担をかけないために、家族葬を選んでほしいとご家族に希望する人も増えています。

ご家族の負担を減らせるという大きなメリットはありますが、いくつかのデメリットもあるので注意が必要です。葬儀が終わった後に不幸な出来事があったと知った方々への対応も必要になり、葬儀後に自宅までお別れの挨拶に行きたいと希望する人が出てくる場合もあります。全ての手続きが終わったからといって落ち着いた時間が過ごせるとは限らないので、どのタイミングで周囲の方々に身内の不幸を知らせるべきなのか、考えてから葬儀の手続きを始める事も重要です。

一般葬を開いた時に多くの参列者が訪れる可能性がある場合は、受け取れるはずだった香典の金額が減ってしまい、一般葬よりも費用の負担が大きくなる事もあります。家族葬では参列者からの香典が多くは集まらない事もあるので、参列者の人数を予測しながら金銭的な負担を考えるのも重要な点です。現在では多くの葬儀会社が家族葬に対応しており、遺族の負担を減らすために葬儀会社のスタッフも見積もりに協力してくれるので、まずは見積もりに時間をかける事を推奨します。

 

家族葬プラン


関連記事

  1. これでわかる 家族葬 参列マナー

  2. 家族葬のメリット デメリット

  3. 家族葬と一般葬の違い

    家族葬と一般葬の違い

  4. 家族葬の流れと費用の相場

  5. 家族葬の場合 弔電はどうしたらいい?

  6. お葬式の知識 家族葬の流れ