開眼法要とは?

開眼法要とは?新しいお墓を建てた時に行うもので、墓石に死者の魂を入れる儀式のことをいいます。墓石は何もしなければただの石に過ぎません。仏の魂をお墓に迎え入れるためには、開眼法要を行う必要があります。僧侶を招いてお経をあげてもらうのが一般的です。開眼供養や入魂式、御魂入れと呼ぶこともあります。

開眼法要の「開眼」とは、仏像の目を開くという意味で使われていた言葉です。仏像以外にも仏壇や仏画、位牌などにも魂を入れることを開眼といいます。仏像づくりでは、最後に目を描くからです。目を描くことで仏像に霊験が宿ると考えられていました。それが今でも行われているのです。お墓を改葬する場合などにも行います

開眼法要は頻繁に行われるものではないので、どういった手順で行えばいいかよく分からないという人も多いと思います。菩提寺の僧侶を招いてお経をあげてもらうのですが、菩提寺がなかったり日頃はあまり寺院との付き合いがないというご家庭もあるでしょう。そういう場合には、墓地を管理している団体に相談すれば希望する宗派の僧侶を紹介してもらえます。

また、お墓を購入する場合には、墓石を販売しているお店などに相談するのもおすすめです。墓石を扱う業者であれば寺院とのつながりもありますから紹介してもらえます。開眼法要の参列者は特に決まっていませんが、親戚を招いて行うことが多いです。

開眼法要の前には、お墓がある敷地や墓石などを掃除してきれいにします。お墓の前に祭壇を設け、供花や供物などをそなえて法要を行います。それから開眼法要を終えた後には、会食の場をもうけて僧侶や参列者をもてなします。会食を行う場合には、参列者の都合を予め確認しておく必要があります。

開眼法要を行う時期は特に決まっていませんが、家族が亡くなって新しくお墓を建てた場合には納骨時に行うことがほとんどです。開眼法要と一緒に納骨法要も行います。お墓は注文してから完成するまで時間がかかるので、それを待って行う必要があります。


関連記事

  1. 葬儀用語: 指名線香とは?

  2. 葬儀用語:先負(せんぶ)の意味とは?

  3. 三具足(みつぐそく)

  4. 葬儀用語 唐木仏壇とは?

  5. 葬儀用語 家墓とは

  6. 葬儀用語: 箸渡しとは?